贈与と相続どちらが得か?

flow_img3贈与税は、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります
生前に贈与することで節税をと考える場合、贈与分岐点を活用することで、判断の目安とすることができます。

また、贈与を活用すると将来相続税評価額が高くなると思われるものを評価額が低いうちに贈与することができるというメリットがあります。

贈与分岐点

贈与を考える場合には、以下の贈与分岐点を目安に考えます。
 

毎年どのくらいを贈与すればよいか、その判断基準として、所定の税率比較表を参照のうえ、判断をします。
  

生前贈与は計画的に

贈与後3年以内に相続が発生すると、贈与財産は、相続財産に含まれるため、相続税が課せられます。(その際に、贈与税を支払ってしまっている場合には、その贈与税額を相続税額から控除することになります。)

したがって、相続の開始が近いからという理由で、間際に贈与をして相続税を減らそうとしても、3年以内に相続が発生してしまうと、その効果は発揮されません。

相続対策は、今から計画的に実行することをお勧めします。


相続サポートプラン

  • 相続税申告ライトプラン 料金:200,000円?
  • 相続税申告プラン 料金:250,000円?
  • 診断書作成プラン 相続対策提案費用:20,000円? 現状分析費用:30,000円?
  • 生前対策10万円サポートプラン 料金:10,000円?
PAGE TOP