税理士の選び方(相続編)

flow_img3

相続における税理士の専門分野は、「相続税の計算」「相続税の申告」「相続財産の価格評価」「相続税の節税対策」「生前贈与」「遺言書」
などがその専門分野として挙げられ、相続においては最も多くの分野で関わる専門家なのです。

そして、この中でも最も重要な役割が、「相続財産の価格評価」です。これは、相続が発生した際に引き継ぐ財産が“法律的な価値としてどの程度になるのか?”を決めることです。

財産の中には、単純なお金の評価となる銀行預金だけでなく、価格の判定が難しい不動産値段が付けられていない株式、その他の個人的なコレクションなど様々な形があります。
そうした財産の価値を一つ一つ設定し、それに応じてどの程度の税金がかかるのかを判定するのが税理士の役割です。

この相続財産の評価が高く評価されればそれだけ相続税は高くなりますし、逆に低く評価することができれば相続税を節税することが可能になります。
これは、誰にでもできることでなく、それまでに経験した相続の件数やノウハウによって大きく結果が変わってきてしまうことなのです。

相続財産の評価というものは、非常に難しい知識と能力が求められます。
また、評価額については、様々な意見や考え方がございますので、担当する税理士によって意見が分かれることもあります。
最終的に判断を下すのは税務署になるのですが、その際にしっかりとした考えや判例に基づいた資料を作れるかどうか?が最も差が出るところになります。

税理士である人が皆、相続税申告を行っているわけではありません

現在、全国で発生している年間の相続税申告の件数は約5万件です。
それに対して
税理士の登録者数が約7万人となっています。
そのため、税理士1人あたりの申告件数は0.7件となります。

つまり、相続税申告とは、平均して考えても税理士1人あたり年間1件も経験しないような業務なのです。

むしろ、当センターのように積極的に相続税申告を経験している事務所があることを考えると年間1件も経験しない税理士がいることもあるのです。

そのため、相続税申告に関してはその他の税理士業務とは別に考える必要があり、顧問契約の経験や実績とは別に考えなくてはいけない特殊な業務なのです。

そこで安定して質の高い資料を作るために必要になるのが、「相続の実績・経験数」と「相続専門の税理士の数」です。
相続の実績と経験数が多ければ多いほど、様々なパターンの相続の知識が付き、ノウハウも確実に蓄積されます。
また、相続を専門とする税理士の数が多ければ多いほど、意見が分かれるような財産評価の際にもより安定した結論を出すことが可能になるのです。

浦和相続サポートセンターでは、相続に関する相談会を通じ、年間200件を超える相続の相談をいただき、相続の専門税理士事務所として十分な実績数を持っております。

また、当センターでは相続に関する初回無料相談会を実施しております。まずは、お越しいただく日程をご連絡いただき、お気軽にご相談にお越しください。

相続サポートプラン

  • 相続税申告ライトプラン 料金:200,000円?
  • 相続税申告プラン 料金:250,000円?
  • 診断書作成プラン 相続対策提案費用:20,000円? 現状分析費用:30,000円?
  • 生前対策10万円サポートプラン 料金:10,000円?
PAGE TOP