(家族信託)ケース1.法定相続の概念にとらわれない資産継承も可能

相続が発生すると一般的には、法定相続に則り、相続されます。

母が亡くなった場合、長男と次男に50%ずつ相続財産がいきわたります。

%e5%9b%b31

 

 

 

 

 

 

もしその後次男が他界すれば、次男に相続されたほとんどの財産が妻に相続されます。

%e5%9b%b32

 

 

 

 

 

更に妻が他界すると、その財産は妻の一族に相続されます。

%e5%9b%b33

 

 

 

 

 

このように法定相続では、将来次男の妻の一族ではなく長男の子供(孫)に相続をさせたいと思っても無理なのです。

しかし、家族信託なら、次男の妻が他界後、長男の子供に戻す指定が可能です。

%e5%9b%b34

相続サポートプラン

  • 相続税申告ライトプラン 料金:200,000円?
  • 相続税申告プラン 料金:250,000円?
  • 診断書作成プラン 相続対策提案費用:20,000円? 現状分析費用:30,000円?
  • 生前対策10万円サポートプラン 料金:10,000円?
PAGE TOP